プラセンタを選ぶ時の基準

購入前に、成分表示をきちんとチェックするようにしましょう。プラセンタのサプリであると謳っておきながら、含まれる成分のほとんどはプラセンタ以外、という商品もあるのです。

 

成分表示では、多く含まれるものから順に書いていくというルールがあります。最後のほうにプラセンタの表記がある場合は、ほとんどプラセンタは含まれていないと考えてよいでしょう。

 

また、悪質な会社の商品ですと、成分表示すらない場合もあります。何が入っているかわかりませんから、使用には注意が必要です。

 

プラセンタの含有量の見方ですが、「プラセンタ原末」で見るようにしましょう。「原料換算」や「エキス換算」は数字を大きく見せるための錯覚でしかありません。

 

特にエキス換算は、エキスの濃度によっても差が出るものです。「プラセンタ原末」の表記がない商品も、要注意といえるでしょう。

 

プラセンタは胎盤のことです。ですから胎盤由来でない海洋性プラセンタや植物性プラセンタは、プラセンタといえるのかどうか疑問でもあります。

 

海洋性プラセンタは、卵巣膜内にプラセンタに似た性質の物質があるといいますが、植物性プラセンタはそうではありません。

 

純粋にプラセンタの効果を得たいのであれば、動物性を選ぶのがよさそうです。


プラセンタとは「Placenta」という英単語のことであり、日本語では「胎盤」を意味します。

 

化粧品や健康食品でプラセンタと呼ばれているものは、胎盤そのものではありません。

 

胎盤から抽出した栄養素や成長因子をプラセンタと呼んでいます。液状の商品はプラセンタ抽出液と呼ばれることもあります。

 

胎盤は母胎から胎児に栄養を送る際に欠かせないものです。受精卵は0.1mmととても小さなサイズですが、それを約10か月で3kgほどにまで育てるという働きを、胎盤は担っています。

 

プラセンタには10種類以上のアミノ酸や核酸様物質、ビタミン類、ミネラル、酵素、ムコ多糖類など、豊富な栄養が含まれています。

 

また、細胞を活性化する成長因子や免疫物質など、生きるために必要な成分も含まれています。

 

これらのことから、プラセンタは若返りの薬や万能薬として古来より用いられたと伝えられています。

 

世界三大美女の一人に数えられるクレオパトラや類まれなる美貌を備えたマリーアントワネットも、プラセンタを愛用していたといわれています。

 

現代でもプラセンタの効果は美容業界で大きな話題となっています。女優や人気モデルは、プラセンタのサプリメントやドリンクをこぞって飲んでいると噂です。

馬プラセンタと豚プラセンタの違い

 

動物性プラセンタの主流となっているのは、馬プラセンタと豚プラセンタです。

うま

 

馬プラセンタは特に注目を集めており、他の動物性プラセンタよりも栄養価が高くなっています。豚プラセンタよりもアミノ酸も豊富に含んでいます。

 

馬は病気にかかりにくい丈夫な動物ですから、馬の胎盤は予防接種などの薬剤の影響を受けません。そして、プラセンタを抽出する馬は一般的にはサラブレッドです。

 

血統もきちんと把握されていますし、品質管理も徹底しているので、安心して摂取できるということです。ただ、馬は1年に1度しか出産をしないため、馬プラセンタは希少価値が高くなります。

 

市販されている動物性プラセンタでもっとも多いのは豚プラセンタでしょう。豚は食肉用としても多く飼育されている上に、1年に2度の出産をしますから、馬プラセンタよりもたくさんの量を抽出できるのです。

 

ただ、豚は病気の予防のため、さまざまなワクチンを接種したり薬を投与したりしていることが多いです。これらの成分が胎盤に影響を与えている可能性もあります。

 

豚プラセンタを選ぶ際には、信頼できる品質のものを選びましょう。

 

「SPF豚」は日本特別な管理下のもと抗生物質などを与えずに育て、厳しい基準をクリアした場合にのみ、その称号を名乗れますので、安全性の高い豚プラセンタといえるでしょう。

 

【馬プラセンタサプリ王】愛飲者に人気でおすすめベスト3発表!
馬プラセンタのサプリ愛飲者に最もおすすめされている人気のメーカー最新ベスト3発表中!
http://xn--vcklm8gd8hl2ew736fvx7c.net